高校を卒業してすぐに母の紹介で、ある病院で働き始めた私は、日々のストレスにさらされていました。
原因は慣れない仕事と意地悪な先輩にありました。
少しでもミスをすると大きな声で「あーあ、どうすんのよ!」と罵倒されていました。
段々と食も細くなり、就業時間が近づくと胃がキリキリと痛むようになりました。
とても寒かったある日、就業時間の開始とともに作業をしていると、急にみぞおちのあたりに差し込むような痛みが走りました。
とても立ってなどいられないくらいひどい痛みでした。
副院長先生に、痛み止めを注射していただきましたが、とても不安だったので、次の休みの日に胃腸科を受診してみました。
「胃潰瘍かもしれないから。
」と言われ、後日、胃内視鏡検査を行うこととなりました。
その当時は、まだ内視鏡のチューブも結構太かったので、大変な思いをして検査を受けました。
結果は「ピロリ菌」に感染しているということでした。
「ピロリ菌」というのはヘリコバクターピロリという菌で、中高年の人に感染が多くみられるものの、口移しでうつるので、離乳食などを口うつしで行っていた場合、母親から感染する場合もあるということでした。
念のため母も検査したところ、母にもピロリ菌がいました。
2人で除菌をしてもらいました。
胃がんの原因にもなるそうなので、除菌してもらって良かったと思っています。

ED-MAXED患者は1100万以上! 治療をするにあたり、対象年齢やセッションを日の流れに沿って説明しています。
介護用品専門の通販サイトはアイケアショップ弊社の商品はどれも丈夫で長く使えると評判です。 当サイトでは健康福祉商品の販売をさせていただく中、例えば新機能搭載の商品を別枠で採り上げるなど、商品の見つけやすさを留意しております。